2020.03.26
お知らせ

ジェネシスヘルスケアが遺伝情報マーケットプレイスの研究開発向け検索ツールを発表

遺伝子検査および研究関連事業の国内大手、ジェネシスヘルスケア株式会社(以下、当社)は令和2年3月2日(月)、個人遺伝情報を共有するためのマーケットプレイス「GenesisGaia(ジェネシスガイア)」内の検索ツールである「GaiaSearch(ガイアサーチ)」の提供を開始しました。当社は、「GaiaSearch」が創薬や臨床開発、プレシジョン・メディシン(精密医療)等の医療分野をはじめ、一般消費者向けの個別化製品やサービスを含むさまざまな研究開発に活用されることを期待しております。

当社は、研究機関向けの受託遺伝子解析や個人向けの遺伝子検査キットの販売を通じて得られた「遺伝子データ」「疾患歴」「ライフスタイル情報」等を、提供者の同意のもとでデータベース化しております。GenesisGaiaにはこれらジェノタイプおよびフェノタイプ情報を収録、さらに提供者への再コンタクトも可能なアジア圏最大級の研究開発向けデータベースです。

GaiaSearchは、当社の戦略的パートナーとして研究開発を行うお客様のみにご利用いただける検索ツールで、GaiaSearchを使用することで、パートナー様は当社の強固なセキュリティシステム配下にあるデータベースへのアクセスが可能となります。なお、アクセスできるデータは提供者の同意を得られたものに限られ、特定の個人を識別できないよう匿名化されております。

創薬と臨床開発を加速
GaiaSearchをご活用いただくことにより、莫大な時間とコストを要する創薬と臨床開発の加速が見込まれます。近年、遺伝情報を活用して得られた新薬候補は治験の第II相、第III相試験の成功率が高く、承認に至るまでの確率が通常の2倍程度であることが報告されております(Nelson 2015,Nature Genetics; King 2019, Plos Genetics)。

GaiaSearchの検索機能では、日本人特有の遺伝子多型(SNP、rsID)、遺伝子名、提供者および家族の疾患歴、ライフスタイル、患者報告アウトカム、デモグラフィック(年齢や性別等)、出身および居住地、ClinVar Pathogenic等による検索が可能となります。これにより、たとえばSNPと疾患の関連性を解明して新たな創薬ターゲットを探索することや、特定の遺伝背景およびライフスタイルの方を対象にした治験の被験者リクルートメント等、多岐にわたる目的にご利用いただけます。

また健康状態に関する調査など、パートナー様のご要望に応じてカスタマイズしたアンケート配信による潜在的な患者の掘り起こし、治験対象者の予備調査等も実施することができます。

詳細については、当社の企業サイトhttps://genesis-healthcare.jp/または GenesisGaiaのWebページhttps://genesisgaia.com/をご覧ください。

ジェネシスヘルスケア株式会社について
ジェネシスヘルスケア株式会社は、2004年3月に設立。医療機関や学術機関からの受託遺伝子解析、遺伝子検査のパイオニアとして一般消費者向け遺伝子検査キットの販売を主軸としております。アジア太平洋地域全体に向けた革新的なサービスを通じて、医療、企業、また消費者向けのサービスを提供しております。

本件に関するお問い合わせ先
ジェネシスヘルスケア株式会社
GAIAグループ
TEL: 03-5422-7964
メールアドレス:gaia@genesis-healthcare.jp